ホーム > クリニックのご案内 > 院長あいさつ

院長あいさつ

text01.png

当院は2000年10月に当地に開院しました。
開院当初からの合言葉は「患者さん、妊婦さんにやさしいクリニック」です。
「やさしいクリニックって、どんなクリニックなんだろう?」 ごく自然に使っていたことばを見つめ直し、2006年に当院のクレド(基本理念)をつくりました。

text02.png

産婦人科は24時間、365日、年中無休です。
医師、助産師、看護師、検査技師、医療事務、厨房スタッフ、清掃スタッフみんなの力が必要な科です。
それぞれがクレドの精神のもと、専門性を生かし連携することで、より安全な医療を提供し、より満足してもらえるサービスをしていきたい、と考えています。

板倉レディースクリニック院長 板倉 憲二
YouTubeへ

YouTubeで話題のAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」に挑戦!!

板倉レディースクリニックスタッフ&各関係者で、「恋するフォーチュンクッキー」のミュージックビデオに挑戦しました!

YouTubeへ

スタッフ紹介

医師 こんにちは。
院長の板倉です。

は開院前、私は20年間一生懸命仕事をして、そのあときっぱりと引退しようと考えていました。
「歳をとると深夜のお産など体力的にしんどいかな、60過ぎたらのんびり旅行とかしたいな」などと思っていました。
はいい歳になったので、食べ過ぎに注意し、よく寝てストレスをうまく発散させ、できるだけ長く仕事をしていきたいと思っています。
そんなおり2015年4月、渡邊先生を常勤医として迎えることができました。竹内先生と3人で連携をとって、患者さん・妊婦さんにもっとできることはないか?を考え実践していきたい!と考えています。

院長板倉 憲二

Profile

昭和38年生まれ
経歴: 秋田大学卒業。
信州大学医学部付属病院、厚生連安曇総合病院、厚生連篠ノ井総合病院等勤務。
趣味: 読書、ドライブ。
板倉 憲二:写真

医師 不安をできるだけ取り除いてあげられるような
医療を心がけていきたいと思っています。

私には、3人の娘がいます。
まだ、学生だった頃に長女が帝王切開で出産したという経験から専門知識を持たない新米ママとパパの不安な気持ちがよく分かります。
婦人科の患者さんも同様ですが、抱えている不安をできるだけ取り除いてあげられるような医療を心がけていきたいと思っています。
何か困ったことがあったら気軽に声をお掛けください。

医師渡邉 貴之

Profile

昭和53年生まれ
経歴: 秋田大学卒業。
小諸厚生総合病院(初期研修)、篠ノ井総合病院、手稲渓仁会病院、札幌マタニティウィメンズホスピタル等勤務。
趣味: デッサン、家庭菜園、子供たちとの戯れ。
渡邉 貴之:写真

医師 一人ひとりに合わせた提案・治療、
十分な説明に努めます。

女性がいきいきと自分らしく生きていくためのお手伝いをしたいと思って診療しています。
女性は年齢やライフステージによって様々な症状や心配事があります、気軽に相談にいらしてください。
一人ひとりに合わせた提案・治療、十分な説明に努めます。

医師竹内 はるか

Profile

昭和52年生まれ
経歴: 群馬大学卒業。
信州大学医学部付属病院、市立大町総合病院、飯田市立病院等勤務。
趣味: 子育て支援団体運営、太極拳。
竹内 はるか:写真

助産師 マタニティーライフを生きいきと楽しく
過ごせますように、お手伝いさせていただきます。

板倉レディースクリニックへようこそ♪
当院にはやる気満々、笑顔の絶えない助産師が11名います。
それぞれ個性がありますが(良い意味でネ)、患者さんへの思いや優しさは人一倍です。妊娠から出産、育児までいつでも親身に相談に乗りますよ。
マタニティーライフを生きいきと楽しく過ごせますように、お手伝いさせていただきます。もちろん♪出産も一緒に頑張りましょう。
そして育児につなげましょう。遠慮せず気軽にお声がけくださいね。

副看護師長八木 リカ

八木 リカ:写真

看護師 ここぞ!
という時のチームワークは抜群です。

看護師は全員で12名と大所帯です。 20代の若い看護師から、院長の学生時代を知る超ベテランの看護師まで、バラエティー豊かな人材が揃っています。平均年齢は割と高め・・・
そして、勤続年数が10年を超える看護師が半数以上と定着率が高いのも特徴の一つだと思います。
個性はとても豊かですが、ここぞ!という時のチームワークは抜群です。
そんな個性豊かな面々と、日々分娩という貴重な時間に立ち会える幸せを感じながら・・・
また、不安いっぱいで受診する外来の患者さんの不安を少しでも和らげることができるよう、目や心を配りながら〝笑顔〟で接していきたいと思います。

看護師長内村 圭江

内村 圭江:写真

検査技師 健診がすてきな時間になるよう心がけています

私たち検査技師は、妊婦健診の超音波検査をはじめ、検査全般を担当しています。特に超音波検査では、妊婦さん、ご家族のみなさんにとって健診がすてきな時間になるように心がけています。どのスタッフも我が子の妊娠の時を思い出しながら、赤ちゃんの成長を見守り、そして一緒に赤ちゃんの元気な姿やかわいらしいしぐさをみると、とてもうれしい気持ちになります。
また、血液検査結果の見方がわからない時や、不安なときなどもサポートさせていただきますので気軽に声をかけてもらえればと思います。

臨床検査技師田中 亜紀子

田中 亜紀子:写真

事務 挨拶から始まるコミュニケーション
を大切にし、話かけやすい受付を目指しています。

初めて産婦人科を受診する時には不安がつきものです。
そんな時、先にこちらから暖かい笑顔で挨拶をして患者さんをお迎えし、少しでも不安を和らいでもらえるように心掛けています。
そして患者さんと同じ目線で話を聞き、何を求めているかを考え、行動し安心して診察を受けて頂けるような環境を提供していきたいと思っています。
また、挨拶から始まるコミュニケーションを大切にし、話しかけやすい受付を目指し努力していきたいと思います。

事務主任宮嵜 知恵

宮嵜 知恵:写真

厨房 「体にやさしく・心においしい食事」
を新たなテーマに、日々の仕事に取り組んでおります。

板倉レディースクリニックの台所を預かって久しくなります。開院以来「美味しく・楽しく」を食事作りのテーマにして、日々の食事を作ってまいりました。
しかしながら、昨今の食材における様々な不安な出来事を知るたびに、確かな食材を選び、お母さん方に安心して召し上がって頂ける食事をつくらねば、と感じています。
板倉レディースクリニックで過ごす数日間が穏やかで笑顔があふれ、心地よい食事と感じて頂ければ幸いです。
厨房スタッフは「体にやさしく・心においしい食事」を新たなテーマに、日々の仕事に取り組んでおります。
どうぞ食事に関することは良い事も、?マークの事も、厨房スタッフに気軽に声をかけてください。

料理長所 清司

所 清司:写真

CRI 赤ちゃんとお母さんが
初めて一緒に過ごす時間を大切にしたい…

誕生した赤ちゃんとお母さんが初めて一緒に過ごす時間と、新しい家族と対面する場所を大切にしたい・・・そんな気持ちでお掃除しています。
当院がこの場所にきて10年が過ぎましたが、今でも「きれいな病院ですね」と声を掛けて頂きます。清掃と施設管理を任されている私たちCRIにとっても大変うれしい言葉です。時には力仕事や脚立にも登る体力勝負の部署ですが、入院される様々な患者さんに明るい笑顔と優しい言葉で同じ目線にたって接するように心掛けています。
そして当院で過ごす皆さんの安心安全と快適さの両立を様々な方面から考える事が出来る部署でありたいと思っています。
大切なライフイベントを板倉レディースクリニックで迎える皆さんとお会いできる事を楽しみにしています。

CRI主任塩入 広美

塩入 広美:写真

総務 患者さんに新鮮な情報発信と、
より満足してもらえるサービスの提供を考えています。

総務課は40名を超えるスタッフの人事・労務管理を担当しています。
また、クリニックの広報課としてホームページとFacebookを活用し、新鮮な情報を発信して行けるように心がけています。
つながりをイメージしたキリンの木のイラストのように、各部署スタッフと連携を取りながら、患者さんにより満足してもらえるサービスの提供を考え、その先へとつながっていきたいと思っています。

総務課丸山 絹子

丸山 絹子:写真