ホーム > 婦人科のご案内 > 不妊治療について

不妊治療について

不妊治療について

患者さんの要望を聞きながら検査・治療を勧めていきます。
できるだけ負担が少ない検査・治療で妊娠できるようにと考えています。排卵はうまくできているか、卵管の通りはどうか、子宮筋腫などがないか、ご主人の精子の状態がどうか、など基本的な検査をし、異常があればその治療を行います。
検査で異常がない場合は、排卵期に経膣超音波診と尿中のホルモン検査を行い、性交のタイミング指導をします。通常のタイミング指導を6ヶ月位行い、妊娠成立しない場合には、排卵誘発剤などの薬物療法を行います。一般的不妊治療で妊娠成立しない場合には不妊症の専門施設へ紹介します。

不妊症基礎検査(1~2周期)

内容 時期
経膣超音波検査 生理以外
子宮頸がん検査 生理以外
クラミジア抗体検査 いつでも可
卵胞期ホルモン検査(LH,FSH,PRL) 生理5日目以内
黄体期ホルモン検査(プロゲステロン) 高温期7~8日目
抗精子抗体 いつでも可
精液検査 排卵期以外

「基礎体温計」をご記入の上、来院時にお持ちください。

計測方法
  • 朝、目が覚めてベットから出る前に体温を測るようにします。
  • 体温を測る時間は毎日同じ時間でなくても大丈夫です。
  • 毎日測り記録を残しましょう。