ホーム > 産科のご案内 > 子育て支援

子育て支援

子育てを楽しむ秘訣とは?子育て50%

「なんでも自分でやらなければいけない」とは考えず、
周囲に協力してもらい自分の50%のチカラで頑張りましょう!!

お産の前後はホルモンが大きく変化し、心身共に疲れやすくなります。

お産の前後はホルモンが大きく変化して、環境も変わることで心身共に疲れやすくなります。
なんでも自分がやらなければいけない、完璧にやりたい、そう考えている真面目な人ほどストレスを溜めやすく、イライラしてしまう傾向があると思います。

上手に息抜きをして、楽しみながら子育てをしましょう。

そもそも子育ては一人でできるものではありません。
周りの人に協力してもらう必要があると思います。
頑張れば100%一人でできるかもしれませんが、頑張りすぎてあなたがパンクしたら大変な事になってしまいます。
上手に息抜きをして、楽しみながら子育てをしていきましょう。

子育てワンポイントアドバイス

授乳の方法

赤ちゃんが欲しがるたびにおっぱいをあげましょう。
最初はうまくいかなくても何度も繰り返していくうちに、スムーズに授乳ができるようになります。
授乳の間隔や時間には個人差があります。ママと赤ちゃんに合った授乳方法で母乳育児をしましょう。

おっぱいの出方はひとそれぞれ。心配な事があれば、ご相談ください。

ムービーへのリンク

お風呂の入れ方

入浴には赤ちゃんの身体を清潔にし、血液の循環を活発にして新陳代謝を良くし発育を促進する効果があります。
出生後4ヶ月頃までは赤ちゃんの首がすわっていないので、しっかり頭をささえてください。

授乳の後やお腹がすきすぎている時は控えましょう。

ムービーへのリンク ムービーへのリンク

万一に備えて知っておいて欲しい事

モノがのどに詰まった時の応急処置

乳幼児は大人が思いもよらないモノを口にします。
食べ物や玩具などが、のどに詰まると窒息する危険があります。

くちの中に指を入れて取り出そうとすると、異物がさらに奥に入ってしますことがありますので、注意してください。

ムービーへのリンク

心肺蘇生法

心肺蘇生法の基本は人工呼吸と胸骨圧迫です。
「何かをする」その勇気が赤ちゃんの救命につながります。

30回押したら2回の人工呼吸を!少なくとも1分間に100回のテンポで。

ムービーへのリンク