スタッフブログ

スタジオ・ボイトの記事一覧

芸名「板倉びー子」

Date.
2019.09.02
Category.
スタジオ・ボイト

こんにちは〜板倉びー(B)子です。岡木さん1.jpeg

ままぷら(^^)では、ただ今この芸名でお馴染み(?)の助産師のおかき(岡木)です。

 "ままぷら"というのは「スリーマンスママプラザ」の略称で、当院でご出産された3ヶ月目のお母さんを対象にした交流の場です。
内容は、乳児期に大事な「赤ちゃんの心肺蘇生法」を人形を使い実技で学びます。

この他、大人気のベビー寝相アート、ベビーマッサージ、育児相談を行います。

そして、美味しいおやつを食べながらおしゃべりタイム〜〜。

「寝かせると直ぐに泣く(//∇//)」

「上の子が赤ちゃん返り」などなど、同じ時期のママさん同士、悩みは一緒!

他にも最近便利なベビーグッズなどの話で盛り上がっています。


3ヶ月に入ったママさん!ぜひこの" ままぷら "へお越し下さいね。スタッフ総出でお待ちしています(o^^o)

 その他当院では、産後もベビーマッサージ、ボディメイキング、ヨガと沢山のお楽しみクラスを開催しています。

 その中で" ボディメイキング"を担当しています。

このクラスは、産後の身体をすっきりシェイプし、いつまでも素敵なママでいるために〜毎回かなりの運動量ですが(๑˃̵ᴗ˂̵)  皆さん楽しく動いてもらっています。
産後1ヶ月を過ぎたら、半年間は脂肪を落としやすい時期!ぜひ早めにスタートしてみて下さい! 

毎回汗をかいて気持ちも身体もスッキリですョ(๑ᴖ◡ᴖ๑)

こんな私ですが、つい先日2人目の孫が産まれました(*^^*)。岡木さん孫.jpeg

初めて抱っこした時には、思わずおっぱい張ってきちゃうかも(笑)なんて位に愛おしく感じました(๑˃̵ᴗ˂̵)

そんな私ですが、末っ子(小6♀)のプリプリお尻に負けないように(笑)毎日ヒップアップのエクササイズに励みながら皆さんとお会いできるのを楽しみにしています(๑ᴖ◡ᴖ๑)

投稿者:助産師 岡木(おかき)綾子

子育ては変化の連続、悩みのないお母さんはいません

Date.
2019.09.02
Category.
お役立ち情報, スタジオ・ボイト

助産師の小林です。

麻衣子さん1.jpg先日、  母子保健地域支援検討会に出席しました。

医療機関からは長野赤十字病院と当院、行政からは長野市と千曲市における産後2週間健診の実際や課題についての発表がありました。

産後2週間健診というのは、産後間もないお母さんが安心して赤ちゃんのお世話をスタート出来ているか、出産した施設に出向いて医療スタッフがお話を聴いたり、お母さんと赤ちゃんの健康状態をみせてもらう機会のことです。

この健診は特に産後のうつ状態に気を付けてお話を聴いています。

お母さんは産後の不安、不眠、イライラ、悲しさなど、赤ちゃんの誕生というおめでたい雰囲気とはかけ離れた気持ちを抱えていることが少なくありません。

パートナーが、娘が、友達が、親戚が、生まれたてのお母さんでしたら、「眠れてる?ご飯はたべてる?気分はどう?」と、声をかけて下さい。

お母さんは「母親なんだから頑張らなきゃ。」とSOSを我慢しているか、本当に疲れて声をあげる気力さえもないのかもしれません。

様子が心配でしたら出産した施設にご相談下さい。

 当院ではクリニックに隣接するスタジオ・ボイトで産後2週間健診を行なっています。

ゆったりした雰囲気を心がけています。

一緒に悩んで、参考になる提案が出来れば、と思っています。評価されるんじゃないか、否定されちゃうかも、という心配はいりません。

子育ては変化の連続です。

悩みのないお母さんはいません。

初めて出産された方からよく聞かれる相談として「寝てくれない」「授乳の時間なのに起きない」「何をしても泣きやまない」「母乳が足りているか分からない」です。

生まれたての赤ちゃんを目の前に、赤ちゃんが寝ていても起きていても心配ですね。

初めてのことばかりで戸惑うのは当然です。

第2子以降を出産されたお母さんからは「上の子の赤ちゃん返り」「上の子と赤ちゃんが同時に泣いて対応に戸惑った」「上の子を強く叱ってしまった」「上の子に手がかかって赤ちゃんとの時間が少ない」など上のお子さんに関連した悩みが増えます。

「自分だけが悩んでいるんじゃないんだ、相談しても良いんだ。」と思ってもらえたら嬉しいです。

投稿者:助産師 小林 麻衣子

「育児相談」不安に寄り添うことを大切に・・・

Date.
2019.07.08
Category.
スタジオ・ボイト

皆さんこんにちは。

助産師の竹鄭です。べーさん.jpg

7月に入り夏本番、しっかり食べ、眠って、元気に夏を乗り切りたいですね。

さて今日は、スタジオ・ボイトで行われている育児相談について書かせていただこうと思います。

妊娠中から分娩、そして産後と,ママの気持ちや周りのご家族の気持ちは大きく変化していきます。

育児相談では、妊娠中から産後の不安に寄り添った関わりができるようにスタッフが11で関わらせていただいています。

特に産後は「これでいいのかな?」と初めてで不安だらけな初産婦さん、すっかり忘れてしまったし、上の子の赤ちゃん返りに戸惑うといった経産婦さん、みなさんそれぞれの思いで来館されます。

関わらせていただく中で、私も自分の時のことを懐かしく思い出しました。

初めての育児で不安が大きく、それまでの生活と正反対になったため、戸惑ったことを強く覚えています。

慣れるまでは、子供はかわいいけれど想像以上に大変で、育児は1人ではできないなと身をもって感じました。

そんな体験をもとに、不安に寄り添うことを大切に考えています。

少しでも患者さんの気持ちが楽になっていただけたらな、またここにきて話したいな、と思っていただけたら幸せです。

 

この他にもスタジオ・ボイトでは、ヨガ(産前・産後)、バースフィット(産前)、ボディメイキング(産後)、ベビーマッサージ、3Mままプラザ、託児、レスト、乳房ケアなども行っております。

息抜きに遊びにいらしてくださいね。

お気軽にお問い合わせください。→→→  026-214-6545(ボイト直通電話)

それでは、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

投稿者:助産師 竹鄭(たけべ) 千恵

「ままプラザ」再開しました

Date.
2019.03.18
Category.
お役立ち情報, スタジオ・ボイト

みなさん、こんにちは。看護師の宮坂です。IMG_20190314_110013.jpg

日に日に暖かさも増し過ごしやすい季節になってきましたね。

スタジオボイトでは、1月2月とインフルエンザの感染拡大を防ぐ目的で中止されていた『3M(スリーマンス)ままプラザ』が3月から再開になりました。

1月2月中止の期間のお母さん&赤ちゃんには『5M(ファイブマンス)ままプラザ』として参加して頂きます( ^-^)ノ
3Mも5Mも内容は一緒で、同じ頃ご出産されたママ達の再会の場として交流がもてたり(おやつを食べたり)、お子さまの万が一に備えてお勉強タイム『転落や火傷の対応、窒息の対応』があったりします。
背部強打法や心肺蘇生法などは、お人形を使って【どれ位の強さで、リズムで】を体験して頂いています。

「怖い」と声も聞かれますが、「いざという時のために体験できて良かった。」と感想も頂いています。

2時間位の交流会ですが、ママ達の笑顔やお子様の成長も見れて、スタッフもパワーを頂ける時間を過ごさせて頂いています。
スタジオボイトでは、 産後のお母さん&赤ちゃんの交流の場として、『ビクスやヨガ、ベビーマッサージ』の教室があります。

是非遊びに来て下さい、お待ちしていますm(__)m。

投稿者:看護師 宮坂 理恵

一旦リフレッシュ!!一旦リセット!!ママが元気で笑顔でいるために・・・

Date.
2019.03.16
Category.
お役立ち情報, スタジオ・ボイト

こんにちは、産前産後ケアを担当しています看護師内村です。内村さん2 (1).jpeg
今年も始まったと思ったらもう3月・・・卒業式シーズン真っ盛りですね。
もう半月もたつとぴっかぴかの1年生がクリニックの前を通学するようになります。
お花見などの楽しい行事の計画を始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
春はなんだかワクワクしますネ。

さて、産前産後ケアをボイトで始めてから2年がたち、「前回のお産の時も1週間健診はボイトでした」という声が少しづつ聞こえはじめました。

育児相談や乳房ケアの予約なども増えてきているので、「産前産後ケアのボイト」はすこしづつ皆さんの間に浸透しつつあるのかな?とうれしく思っています。

 お産が終わりホッとする間もなく始まる「産後」。

日中は静かに寝ている赤ちゃんも夕暮れとともに目を覚まし活発になる・・・。

30年前の私も「日中の静かで可愛い赤ちゃんはどこへ行っちゃったの?!」と夕方になるたびに思っていました。

私は産後実家にいて赤ちゃんのお世話だけしていれば良かったのですが、それでも「泣いたよ~!」って子供を連れてきた実母に「連れて来るな!ミルクあげといてよ!」と怒鳴り布団を頭までかぶっていた事も昨日のようにはっきりと覚えています。

今思えばマタニティーブルーズだったんでしょうが、その時はただ訳もなく泣いたり、怒ったり、イライラしたり・・・そんな自分にまた落ち込んだりを繰り返す日々。

 
皆さんはどうですか?
・訳もなく涙が出たり、イライラしたりしてませんか?
・眠いのに赤ちゃんが泣いていて眠れない。
・テレビなんて見る気にもならない。
・ついていても全く面白くない。笑えない。
・ごはんも赤ちゃんが眠っている時にかきこむのが精いっぱいで味なんかわからない。
・お風呂(シャワー)に入っていても赤ちゃんが泣かないか心配。

そんな事はありませんか?

笑う・食べる・寝る・・・日常のあたりまえの事があたりまえにこなせなくなっていませんか?

 もし、そんな事があったら是非一度ゆっくり休んでいただければと思います。

赤ちゃんを家族に預けられれば預けて、別の部屋でゆっくり休んでみましょう。

少し赤ちゃんと離れてしっかり休むことで、気持ちや体の疲れがリセット出来てまた育児に向き合える力が湧いてくるかもしれません。

 
先日レストを利用して下さった方が、「完全に疲れてしまう前にレストを利用しながら・・・」とおっしゃっていました。

頑張って、頑張って疲れ切ってしまうより、その方のように誰かにサポートしてもらいながら、しっかり休みながら少しでも育児が負担にならないようにして行っていただけたらと思います。

以前院長が「本来育児とは母親一人でするものではなく、集落などの単位でたくさんの手がある中で行っていた事。一人ではできなくてあたりまえ」と言っていました。

昔は親戚や隣近所のおばさんたちがたくさんいて...という環境でしたが、今はそんな環境は望めないし家族だって仕事に行ってしまうので、日中は赤ちゃんと二人きりの方も多いようです。

そうなると育児する母親の負担は相当のもの。

ですから、休む事は悪い事ではないんです。

夜に備えるため、明日頑張るため、赤ちゃんと笑顔で向き合うため、疲れてたら無理
せずいったんお休みしてみませんか?

 
また別なお母さんは「ゆっくりごはんが食べたいんです」とレストをご利用になりました。

子育て中の今はゆっくり自分の時間を持つことが出来ないのが当たり前!と一人で頑張ってお母さんが疲れ切ってしまっては元もこうもありません。

疲れもストレスもたまりきってしまう前に、一旦リフレッシュ!一旦リセット!はママが元気で笑顔でいるためには必要な事だと思います。

そして、そのお手伝いが産後ケアで、ボイトで、出来たらと思います。

産後、何か困った事や心配な事があったら是非ボイトへ連絡下さいネ。

私たちスタッフも皆さんから気軽に相談できる場所で有るために、日々「産前産後ケア」を勉強しながら取り組んでいきたいと思います。

投稿者:産前産後ケア部長 内村 圭江

10月1日から「スタジオ・ボイト」クラスの受付はクリニックで行います

Date.
2018.10.18
Category.
クリニックからのお知らせ, スタジオ・ボイト

こんにちは。初めまして、医事総務課の丸山です。IMG_3811.jpg
4月から板倉レディースクリニックで働かせてもらっています。

入職して6ヶ月ほどが経ち、受付の業務にも慣れ、仕事が楽しいなと感じています。

失敗してしまうこともありますが、板倉レディースクリニックの先輩方からたくさんの事を学ばせてもらっています。
初心を忘れずに頑張っていきますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。

もう10月中旬になり、一日を通して肌寒くなってきましたね。

体調を崩しやすい時期なのではないでしょう か。

お出かけの際は、暖かい格好でお出かけくださいね。

さて、この10月からスタジオ・ボイトで行っている各クラスの受付方法が変わりました!
今まではスタジオ・ボイトで受付をしていましたが、この10月からはクリニックで受付を済ませてからスタジオ・ボイトへ行っていただくという形になりました。
受付をする際は、スタンプカードを受付にお出しください。


お手数ではございますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

スタジオ・ボイトで行っている各クラスのご紹介やご案内につきましては、スタジオ・ボイトのホームページをご覧ください。
皆様のお越しをお待ちしています。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿者:医事総務課 丸山 瑞貴
ページトップへ戻る