スタッフブログ

産後のママの「最強サポーター」

Date.
2018.01.22
Category.
お役立ち情報
こんにちは、産後ケア部長の内村です。image1 - コピー.jpeg
昨年は多くの皆さんとスタジオボイトでお会いすることができ、とても嬉しい一年でした。
今年も昨年同様、笑顔で育児のスタートが切れるようにサポートするのはもちろん、スタートした後のママには「最強サポーター」としていつでも寄り添いながら育児のお手伝いができたら・・・と思っています。
 当クリニックは毎年、各部署ミッションを考えます。
産後ケアでは「産後ケアの必要性を広める」という事をミッションの一つに掲げました。
産後ケアを始めて「産後のママは休むことが大切!」ということを改めて感じることがとても多いのです。
でも、なかなか「休みたい」「眠りたい」「少し赤ちゃんと離れたい」って言いだしづらいですよね?
気軽に気兼ねなく産後ケアを利用していただくにはどうしたら良いかと考えた時、「産後ケア」がもっともっと一般的になって、辛い時は「産後ケア」を利用するという環境が出来上がれば辛い、苦しいと思う時間が少しでも減るのでは?と思いました。
それにはこれから結婚する人、お産する人、その家族(夫、実母、実父、義母、義父、姉妹など)にお産後の気持ちの変化、身体の変化、環境の変化などをお伝えし、つらいと思ったときにはまず休む(眠る・赤ちゃんと少し離れる時間を持つ)ことが大切であり、それは決して甘えや怠けではないこと、休んで身体も気持ちも少しリセットしてまた前向きに育児と向き合うために必要な時間であることをお伝えしていくことではないのかな?と思います。
 
産後のママが笑顔で育児ができなければ、周りにいる家族も心配ですよね?産後ケア.jpeg
最近は「夫の産後うつ」という言葉もあるようです。
夫婦で頑張りすぎて共倒れになる前に、お互いにしっかり休むことも必要だと思います。
 
母親だから赤ちゃんがかわいくて当たり前!
昔から母親になった人が通ってきた道!
母親は誰だって寝不足は当たり前!
   ・・・そんな言葉に縛られて頑張り過ぎず、自分がつらいと思ったら休める環境を作っていくこと、それが産後のママの最強サポーターとしての役割だと思っています。
1人でも多くのママが笑顔で育児のスタートが切れるように、辛い・不安・と感じるママが一人でも少なくなるように、これからも担当スタッフ一丸となってお手伝いさせていただきたいと思っています。
どんなささいな事もかまいません、心配な時、不安な時にはすぐスタジオボイトへ連絡下さいネ。お待ちしています。
 
最後に、先日研修で紹介されたビデオ「ママから笑顔がきえるとき」をご紹介します。
これは文京学院大学の方が作ったビデオなのですが、「産後うつ」に関してとても分かりやすくまとめています。
これからお産を控えている方、お産後の方、ぜひご主人・パートナー・ご家族とご覧いただけたらと思います。
投稿者:産前産後ケア部長 内村 圭江

お風呂の入れ方が変わりました

Date.
2018.01.15
Category.
お役立ち情報

助産師北村恵子です。_20180113_233207.JPG

大寒真っ只中、みなさま体調崩されていませんか?

なんだか我が家は暖房を入れても寒く、布団から出られない日々をおくっています。

我が家には2匹の猫ちゃんがいます。暑い夏の日は近寄ってもこない"ツン"の2匹ですが、_20180113_233058.JPG

寒いこの時期だけは、甘えてきます。一緒に布団の中で暖をとっています。この時期だけの醍醐味です。

 

さて、当院では、一昨年から赤ちゃんのお風呂の入れ方が変わっています。

某小児科医師が皮膚に優しい洗い方と考案した"沐浴イノベーション"を参考に当院でも取り入れました。変更に伴い、沐浴動画を作り直すことになり、入職3年目になる青木加奈子さんと私が仰せつかりました。仰せつかったのが昨年の夏・・・・

当初ふたりで作るはずでしたが、動画まで撮影したところで、編集ができないという問題発生。撮影した動画を見るのも、編集するのもアプリが必要なことを知り、もうお手上げ、素人ふたりでは限界だと悟り、業者さんに入って頂くことになりました。

さすが、プロです。YouTubeにあげるということもあり、言葉選びから一緒に考えていただきました。優しくダメ出しを受け、アドバイスをもらいながら、何度も撮り直しをし、なんとか形になってきました。

すてきな動画に編集していただきました。

先日全体ミーティングで、スタッフにお披露目をしました。もう少し再編集をしていただき、2月までに出来上がればと思っています。

沐浴槽が必要な新生児だけでなく、それ以降の子どもたち、大人にとっても役立つ内容だと思います。良ければ皆さんご覧ください。_20180113_233506.JPG

 

余談ですが、

日本助産師会でも皮膚に優しい洗い方を推進しています。長野市でのマタニティーセミナーでは昨年12月より変更した沐浴方法になっています。

 

モデルになってくれた赤ちゃん、動画撮影を承諾してくれたママ、ありがとうございます。

そして、お世話になった業者さん、素敵な動画にして下さり、ありがとうございます。

 

 

 

 

投稿者:助産師 北村惠子

『2018年、ちょっと、頑張りましょう!』

Date.
2018.01.10
Category.
雑感・その他

新年、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。年賀状.jpeg

 

 お正月に中学1年生の息子に誘われてインターネットの性格診断をしました。10個程度の質問に答えるものですが、「あなたはストレスに強く、M体質です。」と診断されました。今まで意識したことはなかったのですが、確かに「困難な状況をどうやって乗り越えようか」というのは好きかもしれない。「そうか、確かに僕はM体質かもしれない」と妙に納得してしまいました。

 

 お正月の新聞記事に『働き方改革』の特集記事がありました。その中で、ドイツ日本研究所所長フランツさんのコメントが印象的でした。『ドイツでは成果が重要で、長く働いて時間がかかるのはおかしいと見られる。一方日本では、努力が評価基準になっており、それを見せようと残業が増えてしまう。ドイツでは「頑張る」という精神は理解されない。』

日本の年間平均労働時間が1713時間に対し、ドイツでは1363時間、ドイツには年30日の有給休暇があるそうです。ドイツでは仕事よりプライベートを優先する風潮があり、休みをはっきり主張できるのだそうです。一方、自分が忙しいとき周囲に助けを求めても「時間がない」とあっさり断れる、という話が紹介されていました。

プライベートな時間が多く、羨ましいですよね。ただ、僕は日本人でよかった、と思いました。仕事の評価基準が個人の業績で評価され、長く仕事をすると評価が下がるしくみであれば、だれも他人の手助けはしなくなるでしょう。皆さんは協力体制のない職場で働きたいでしょうか?日本がドイツに学ぶべき点は多いと思いますが、ドイツが日本に学ぶべきこともありそうです。

ドイツはサッカー大国で、香川真司をはじめ多くの日本人選手が活躍しています。日本人の献身的なプレーが高く評価されています。サッカーではよくホームゲームにアドバンテージがあるといいます。なぜホームが有利なのでしょうか。それはホームゲームでは圧倒的な応援があるからだというのが定説です。なぜ応援されると、選手のパフォーマンスがあがるのでしょうか?応援をうけることで選手の意識が高揚し、苦しい状況でも頑張れるからではないでしょうか。ドイツ人だって本当は、頑張ることの力を知っているのです。

  

私は、よくスタッフにちょっと無理して頑張ろう、と言っています。ちょっと、というのがミソです。頑張りすぎは禁物です。現状に満足せず、ちょっとずつ成長していくことが大切だと思っています。チャレンジして、失敗して、工夫してやるからこそ達成感があるのだと思います。・・・やっぱり、僕にはM体質がありそうです。

投稿者:院長 板倉 憲二

初めての沐浴

Date.
2017.12.12
Category.
雑感・その他

DSC_0013.JPG皆さんこんにちは、看護師の小林です。

大分寒くなりましたね!体調には十分気をつけて下さい。

さて本日は、新米ママさんが、赤ちゃんの沐浴に挑戦です。

実際入れてみての感想を、聞きたいと思います。


小林Ns : 初めての沐浴どうでしたか?
kママ    : 妊娠中、人形では練習したことがありましたが、やはり実際いれると動くし、ふにゃふにゃだし怖かったです!
小林Ns : そうですよね!初めての赤ちゃんの沐浴は、不安だし怖いですよね。でもとても上手に沐浴できてましたよ!
kママ   : これから楽しみながら、沐浴したいと思います。
小林Ns : ありがとうございました。


さて、これから初めて沐浴される方、2人目、3人目でも間があいてしまい心配だという方、入院中に沐浴見学ができます。

また、その翌日には沐浴を体験していただいています。

お家に帰ってから沐浴が困らないように、

どうしたら上手に入れられるのか、

スタッフとマンツーマンで体験できますので安心してくださいね。DSC_0011.JPG

また、YouTubeで見ることのできる沐浴の動画を現在制作しています。

完成しましたら、お部屋のi-pad、Hpからも確認していただくことが可能となります。

完成までもうしばらくお待ちくださいね。

沐浴は可愛い赤ちゃんとのコミュニケーションの場となりますので、楽しみながら沐浴しましょう!

投稿者:看護師 小林 尚子

ただいま、研修中!!

Date.
2017.12.04
Category.
お役立ち情報, スタジオ・ボイト, 雑感・その他

こんにちは、CRIの小澤です。image3.jpeg


12月となり、2017年も後わずか。

クリスマスや新年に向けての準備など、何かと慌しくなる月となりました。
 

病院とスタジオの花壇のお花も、寒い中きれいな花を咲かせてくれています。(写真のお花はスタジオに咲いている山茶花というお花です)image2.jpeg

さて、当院では産後ケアとしてスタジオボイトで託児を行なっています。

実はCRIも託児に関わらせていただいておりまして、私は現在その託児のスタッフとして加われる様、研修を受けさせていただいてます。
まずベビーシッターの資格を取得し、10月からいよいよ実践的な研修がスタート!

先輩スタッフや看護師さんの指導の元、オムツの替え方やミルク作り、赤ちゃんの抱っこの仕方など様々な事を勉強させていただいています。

赤ちゃんによって好きな抱っこのされ方が違ったり、

お腹が空いた時のサインなど、

学ぶ事が沢山ありますが、お母さんが安心して託児をご利用いただけるよう、しっかりと勉強していきます!

美容院に行きたい、お買い物したい、リフレッシュしたいなど、何かありましたらお気軽に託児をご利用ください!image1.jpeg

投稿者:CRI 小澤 結衣

お産とヨガ・・・

Date.
2017.11.27
Category.
お役立ち情報, 雑感・その他

ここ最近秋から足早に冬模様となってきましたね。

県内では雪の降る地域もあるようです。

みなさん、体調を崩されていませんか?

こんにちは、看護師の清水みずほです。IMG_1615.jpg

 

 さて、当院には「スタジオ・ボイト」という施設が併設されており、そこでは様々なクラスが開かれています。

ヨガ・エアロビクス・ベビーマッサージ・マザークラス等が行われています。

どのクラスも妊娠中や産後の方が対象となっております。

その中で、ヨガは妊娠中に行うマタニティヨガ、出産後に行う産後ヨガとクラスが別れています。

実は、私・・・マタニティヨガクラスの養成講座を受け来月12月より講師として仲間入りさせていただくことになりました!!

 

 なぜお産とヨガが関係あるのか?

それは、ヨガを体験しておくことで、辛い陣痛の合間にもリラックスが上手くでき、無駄な体力消耗を避け、赤ちゃんを感じて陣痛と向き合うことができるのです。

また、身体感覚を作ることで、お産に必要な動きを身につけることもできます。

さらに、妊娠中の不快症状を楽にするという効果もあるのです。

 

ヨガを通して、自分と向き合い自分の身体を知ってもらう大切さも伝えられるようになりたいと思っています。

 

妊婦になったけど何から始めよう・・・と、もし悩んでいる方がいましたら、まずは私たちと一緒にヨガから初めてみませんか?

IMG_1597.JPG

みなさんにお会いできることを楽しみに待っていますね(^^)。

 

投稿者:看護師 清水 みずほ
ページトップへ戻る