スタッフブログ

ひとりで頑張らない

Date.
2019.04.22
Category.
雑感・その他

こんにちは、CRI主任の塩入です。塩入さん1.jpg
長野の桜もそろそろ見納め、新緑の季節を迎えますね。

この春、新生活をスタートされた方も多いと思いますが、私の母もその1人です。初めて週1回のデイサービスを利用し始めました。そしてその母の手続きやサポートのために私は3月少し多めのお休みを頂きました。

私の母がかかりつけ医の先生からデイサービスの利用を勧められたのは昨年の11月です。

ですが毎月の通院に加えて介護認定の手続きや施設探しとなるとなかなか進められずにいました。

仕事をしながら、自分一人で母のことに向き合っていたように思います。

介護休業制度の利用を考えたのもこの時期でした。改めてこの制度を調べてみると「介護休暇」と「介護休業」があること、そしてその条件によっては国から給付金が支給されることなどを知りました。私の母はまだ要支援段階です、現状と介護段階が進むだろうこれから先のことを考えると今利用するべき制度ではないと感じました。しかし母に早くデイサービスに通ってもらいたい、初めてで不安な母に寄り添って施設を選びたいなどの思いを職場に伝えたところ、今回は有給休暇を取得することで対応出来ることになり、3月中に無事、介護認定から施設との利用契約まで行うことが出来ました。

職場や部署スタッフの理解と協力無しでは出来なかったことですが、これからの社会は、育児・介護などで離職の選択をする時代ではなく、1人で抱え込まず専門の方の助けをかりながら行うことが望ましいと感じました。

現在母は、デイサービスに行くことを楽しみに過ごしています。

投稿者:CRI 塩入 広美

院内助産リーダー養成コース修了・・・半年間の学びで得たもの

Date.
2019.04.19
Category.
雑感・その他

こんにちは!助産師の青木芳薫です。

外を歩くと春の匂いが濃く感じられる様になり、長野もいよいよ、桜の季節がやってきますね。

春といえば、卒業・入学のシーズン。お子さんの卒園・卒業式や入園・入学式があった方もいらっしゃったのではないでしょうか?

私も先日、6か月間参加していた院内助産リーダー養成コースを無事に修了することができました。aoki4月ブログ用写真.jpg

このコースは、長野県内に院内助産と助産師外来をより普及させることを目的に、長野県の補助事業として2016年10月より開始したもので、半年間で院内助産や助産師外来運営のための知識や技術の習得、運営に向けチーム医療を行うために必要なコミュニケーション・リーダーシップ論について学びます。

 昨年秋よりスタートした研修では、助産師外来や院内助産で担当した症例を通して研修生同士で患者さんに関するケアや今後の方向性に対する考えを共有したり、講師の先生による講義を通して自身の知識や助産技術を深めていきました。また、自施設の現状を客観的に分析し、問題を見つけ、解決していく手法も学び、これは今後、より充実した助産師外来などにつなげていけたらと考えています。

 こうして研修に参加し、他施設の助産師の情熱にも触れる中で、「自分は、これからどんな助産師を目指して行きたいのか?」と考えた半年でもありました。はっきりとした答えが見えた訳ではないですが、今よりもっと、皆さんに寄り添える助産師を目指していけたら、と感じています。

 半年の学びを少しずつ、みなさんに還元して行きたいです。ご期待ください!

投稿者:助産師 青木 芳薫

体調管理のポイントは食事と睡眠と運動

Date.
2019.04.08
Category.
雑感・その他

こんにちは、副院長の渡邉です。なべちゃん.jpeg

私が当院へ着任して早や四年が経過しました。そろそろ地域の皆様に認識されてきましたでしょうか。

着任当初は「お産も外来もいくらでもやるぞ!」という意気込みで、ほぼ疲れ知らずでしたが、最近は40歳になったせいか疲労がしっかり蓄積されてきました。

でも、好きなこの仕事をこれからも続けていくには体調を崩すわけにはいきません。また心身共に健康でなければ、充実した医療を提供できません。そろそろしっかりとした体調管理が必要だと自覚し、いろいろ勉強してみました。やはりポイントは食事と睡眠、運動です。

ただ、この職業につくと良質な睡眠をとることは諦めざるを得ません。そして、疲れて帰ってから運動する気にもなれず。某N○Kの筋肉体操を観つつ筋トレに励んだ時期もありましたが、「あれ?自分は何を目指してるのかな?」と疑問に感じ始め、モチベーションを保つことができずリタイアしました。

よって残るのは食事しかありません。様々な本を読みあさり、地中海食に腸内細菌を意識した食事がベストではないかとの結論に至りました。そしてその食事は妊婦さんや小さいお子さんの健康にも深く関わっていました。興味のある方は外来でご質問ください。健康談義に花が咲きます。

最近は自律神経を整えるためにマインドフルネス瞑想も始めて、自他共に認める健康オタクとなりました。 周りからは鶴郎さんみたいになっちゃうんじゃないの?と心配されています。安心してください、節度はわきまえてますよ。

今年は、リタイアした運動を再開して、院長や料理長を巻き込んで筋肉体操<板倉バージョン>をお披露目できたらと思っています。(笑)

投稿者:副院長 渡邉 貴之

キリン新聞「板倉レディ」が完成しました

Date.
2019.03.29
Category.
クリニックからのお知らせ
みなさんこんにちは、医事総務課の池垣です。ちなっちゃん.jpgのサムネイル画像
3月下旬、新元号の発表まで2日。
春の気配を感じる今日この頃ですが、まだまだ寒い日がありますのでお体には十分にお気を付けてください。
さて、皆様にお知らせです。
きりん新聞第6号が完成致しました!
今回のテーマは『板倉レディ』です。
この号のテーマはクリニックの全体ミーティングにて決まりました。
そしてこの号の主役でもあります当院誇る板倉レディ達の協力を得て、さらにパワーアップしたきりん新聞となりました。
こんなにも多くのスタッフに制作に関わってもらえた事、編集長としてとても嬉しく思っています。
クリニックにお越しいただいた際はぜひお手に取ってご覧ください。
投稿者:医事総務 池垣千菜実

「ままプラザ」再開しました

Date.
2019.03.18
Category.
お役立ち情報, スタジオ・ボイト

みなさん、こんにちは。看護師の宮坂です。IMG_20190314_110013.jpg

日に日に暖かさも増し過ごしやすい季節になってきましたね。

スタジオボイトでは、1月2月とインフルエンザの感染拡大を防ぐ目的で中止されていた『3M(スリーマンス)ままプラザ』が3月から再開になりました。

1月2月中止の期間のお母さん&赤ちゃんには『5M(ファイブマンス)ままプラザ』として参加して頂きます( ^-^)ノ
3Mも5Mも内容は一緒で、同じ頃ご出産されたママ達の再会の場として交流がもてたり(おやつを食べたり)、お子さまの万が一に備えてお勉強タイム『転落や火傷の対応、窒息の対応』があったりします。
背部強打法や心肺蘇生法などは、お人形を使って【どれ位の強さで、リズムで】を体験して頂いています。

「怖い」と声も聞かれますが、「いざという時のために体験できて良かった。」と感想も頂いています。

2時間位の交流会ですが、ママ達の笑顔やお子様の成長も見れて、スタッフもパワーを頂ける時間を過ごさせて頂いています。
スタジオボイトでは、 産後のお母さん&赤ちゃんの交流の場として、『ビクスやヨガ、ベビーマッサージ』の教室があります。

是非遊びに来て下さい、お待ちしていますm(__)m。

投稿者:看護師 宮坂 理恵

一旦リフレッシュ!!一旦リセット!!ママが元気で笑顔でいるために・・・

Date.
2019.03.16
Category.
お役立ち情報, スタジオ・ボイト

こんにちは、産前産後ケアを担当しています看護師内村です。内村さん2 (1).jpeg
今年も始まったと思ったらもう3月・・・卒業式シーズン真っ盛りですね。
もう半月もたつとぴっかぴかの1年生がクリニックの前を通学するようになります。
お花見などの楽しい行事の計画を始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
春はなんだかワクワクしますネ。

さて、産前産後ケアをボイトで始めてから2年がたち、「前回のお産の時も1週間健診はボイトでした」という声が少しづつ聞こえはじめました。

育児相談や乳房ケアの予約なども増えてきているので、「産前産後ケアのボイト」はすこしづつ皆さんの間に浸透しつつあるのかな?とうれしく思っています。

 お産が終わりホッとする間もなく始まる「産後」。

日中は静かに寝ている赤ちゃんも夕暮れとともに目を覚まし活発になる・・・。

30年前の私も「日中の静かで可愛い赤ちゃんはどこへ行っちゃったの?!」と夕方になるたびに思っていました。

私は産後実家にいて赤ちゃんのお世話だけしていれば良かったのですが、それでも「泣いたよ~!」って子供を連れてきた実母に「連れて来るな!ミルクあげといてよ!」と怒鳴り布団を頭までかぶっていた事も昨日のようにはっきりと覚えています。

今思えばマタニティーブルーズだったんでしょうが、その時はただ訳もなく泣いたり、怒ったり、イライラしたり・・・そんな自分にまた落ち込んだりを繰り返す日々。

 
皆さんはどうですか?
・訳もなく涙が出たり、イライラしたりしてませんか?
・眠いのに赤ちゃんが泣いていて眠れない。
・テレビなんて見る気にもならない。
・ついていても全く面白くない。笑えない。
・ごはんも赤ちゃんが眠っている時にかきこむのが精いっぱいで味なんかわからない。
・お風呂(シャワー)に入っていても赤ちゃんが泣かないか心配。

そんな事はありませんか?

笑う・食べる・寝る・・・日常のあたりまえの事があたりまえにこなせなくなっていませんか?

 もし、そんな事があったら是非一度ゆっくり休んでいただければと思います。

赤ちゃんを家族に預けられれば預けて、別の部屋でゆっくり休んでみましょう。

少し赤ちゃんと離れてしっかり休むことで、気持ちや体の疲れがリセット出来てまた育児に向き合える力が湧いてくるかもしれません。

 
先日レストを利用して下さった方が、「完全に疲れてしまう前にレストを利用しながら・・・」とおっしゃっていました。

頑張って、頑張って疲れ切ってしまうより、その方のように誰かにサポートしてもらいながら、しっかり休みながら少しでも育児が負担にならないようにして行っていただけたらと思います。

以前院長が「本来育児とは母親一人でするものではなく、集落などの単位でたくさんの手がある中で行っていた事。一人ではできなくてあたりまえ」と言っていました。

昔は親戚や隣近所のおばさんたちがたくさんいて...という環境でしたが、今はそんな環境は望めないし家族だって仕事に行ってしまうので、日中は赤ちゃんと二人きりの方も多いようです。

そうなると育児する母親の負担は相当のもの。

ですから、休む事は悪い事ではないんです。

夜に備えるため、明日頑張るため、赤ちゃんと笑顔で向き合うため、疲れてたら無理
せずいったんお休みしてみませんか?

 
また別なお母さんは「ゆっくりごはんが食べたいんです」とレストをご利用になりました。

子育て中の今はゆっくり自分の時間を持つことが出来ないのが当たり前!と一人で頑張ってお母さんが疲れ切ってしまっては元もこうもありません。

疲れもストレスもたまりきってしまう前に、一旦リフレッシュ!一旦リセット!はママが元気で笑顔でいるためには必要な事だと思います。

そして、そのお手伝いが産後ケアで、ボイトで、出来たらと思います。

産後、何か困った事や心配な事があったら是非ボイトへ連絡下さいネ。

私たちスタッフも皆さんから気軽に相談できる場所で有るために、日々「産前産後ケア」を勉強しながら取り組んでいきたいと思います。

投稿者:産前産後ケア部長 内村 圭江
ページトップへ戻る