スタッフブログ

お役立ち情報の記事一覧

「ままプラザ」再開しました

Date.
2019.03.18
Category.
お役立ち情報, スタジオ・ボイト

みなさん、こんにちは。看護師の宮坂です。IMG_20190314_110013.jpg

日に日に暖かさも増し過ごしやすい季節になってきましたね。

スタジオボイトでは、1月2月とインフルエンザの感染拡大を防ぐ目的で中止されていた『3M(スリーマンス)ままプラザ』が3月から再開になりました。

1月2月中止の期間のお母さん&赤ちゃんには『5M(ファイブマンス)ままプラザ』として参加して頂きます( ^-^)ノ
3Mも5Mも内容は一緒で、同じ頃ご出産されたママ達の再会の場として交流がもてたり(おやつを食べたり)、お子さまの万が一に備えてお勉強タイム『転落や火傷の対応、窒息の対応』があったりします。
背部強打法や心肺蘇生法などは、お人形を使って【どれ位の強さで、リズムで】を体験して頂いています。

「怖い」と声も聞かれますが、「いざという時のために体験できて良かった。」と感想も頂いています。

2時間位の交流会ですが、ママ達の笑顔やお子様の成長も見れて、スタッフもパワーを頂ける時間を過ごさせて頂いています。
スタジオボイトでは、 産後のお母さん&赤ちゃんの交流の場として、『ビクスやヨガ、ベビーマッサージ』の教室があります。

是非遊びに来て下さい、お待ちしていますm(__)m。

投稿者:看護師 宮坂 理恵

一旦リフレッシュ!!一旦リセット!!ママが元気で笑顔でいるために・・・

Date.
2019.03.16
Category.
お役立ち情報, スタジオ・ボイト

こんにちは、産前産後ケアを担当しています看護師内村です。内村さん2 (1).jpeg
今年も始まったと思ったらもう3月・・・卒業式シーズン真っ盛りですね。
もう半月もたつとぴっかぴかの1年生がクリニックの前を通学するようになります。
お花見などの楽しい行事の計画を始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
春はなんだかワクワクしますネ。

さて、産前産後ケアをボイトで始めてから2年がたち、「前回のお産の時も1週間健診はボイトでした」という声が少しづつ聞こえはじめました。

育児相談や乳房ケアの予約なども増えてきているので、「産前産後ケアのボイト」はすこしづつ皆さんの間に浸透しつつあるのかな?とうれしく思っています。

 お産が終わりホッとする間もなく始まる「産後」。

日中は静かに寝ている赤ちゃんも夕暮れとともに目を覚まし活発になる・・・。

30年前の私も「日中の静かで可愛い赤ちゃんはどこへ行っちゃったの?!」と夕方になるたびに思っていました。

私は産後実家にいて赤ちゃんのお世話だけしていれば良かったのですが、それでも「泣いたよ~!」って子供を連れてきた実母に「連れて来るな!ミルクあげといてよ!」と怒鳴り布団を頭までかぶっていた事も昨日のようにはっきりと覚えています。

今思えばマタニティーブルーズだったんでしょうが、その時はただ訳もなく泣いたり、怒ったり、イライラしたり・・・そんな自分にまた落ち込んだりを繰り返す日々。

 
皆さんはどうですか?
・訳もなく涙が出たり、イライラしたりしてませんか?
・眠いのに赤ちゃんが泣いていて眠れない。
・テレビなんて見る気にもならない。
・ついていても全く面白くない。笑えない。
・ごはんも赤ちゃんが眠っている時にかきこむのが精いっぱいで味なんかわからない。
・お風呂(シャワー)に入っていても赤ちゃんが泣かないか心配。

そんな事はありませんか?

笑う・食べる・寝る・・・日常のあたりまえの事があたりまえにこなせなくなっていませんか?

 もし、そんな事があったら是非一度ゆっくり休んでいただければと思います。

赤ちゃんを家族に預けられれば預けて、別の部屋でゆっくり休んでみましょう。

少し赤ちゃんと離れてしっかり休むことで、気持ちや体の疲れがリセット出来てまた育児に向き合える力が湧いてくるかもしれません。

 
先日レストを利用して下さった方が、「完全に疲れてしまう前にレストを利用しながら・・・」とおっしゃっていました。

頑張って、頑張って疲れ切ってしまうより、その方のように誰かにサポートしてもらいながら、しっかり休みながら少しでも育児が負担にならないようにして行っていただけたらと思います。

以前院長が「本来育児とは母親一人でするものではなく、集落などの単位でたくさんの手がある中で行っていた事。一人ではできなくてあたりまえ」と言っていました。

昔は親戚や隣近所のおばさんたちがたくさんいて...という環境でしたが、今はそんな環境は望めないし家族だって仕事に行ってしまうので、日中は赤ちゃんと二人きりの方も多いようです。

そうなると育児する母親の負担は相当のもの。

ですから、休む事は悪い事ではないんです。

夜に備えるため、明日頑張るため、赤ちゃんと笑顔で向き合うため、疲れてたら無理
せずいったんお休みしてみませんか?

 
また別なお母さんは「ゆっくりごはんが食べたいんです」とレストをご利用になりました。

子育て中の今はゆっくり自分の時間を持つことが出来ないのが当たり前!と一人で頑張ってお母さんが疲れ切ってしまっては元もこうもありません。

疲れもストレスもたまりきってしまう前に、一旦リフレッシュ!一旦リセット!はママが元気で笑顔でいるためには必要な事だと思います。

そして、そのお手伝いが産後ケアで、ボイトで、出来たらと思います。

産後、何か困った事や心配な事があったら是非ボイトへ連絡下さいネ。

私たちスタッフも皆さんから気軽に相談できる場所で有るために、日々「産前産後ケア」を勉強しながら取り組んでいきたいと思います。

投稿者:産前産後ケア部長 内村 圭江

「3マンス mama- plaza」 メンバーデビューしました

Date.
2018.10.09
Category.
お役立ち情報, 雑感・その他

こんにちは、さかたさん (2).JPGのサムネイル画像のサムネイル画像助産師の坂田です。

今年は「大型で強い台風」と言う言葉をニュースで聞くことの多い年でしたね。
それに、速報が入れば地震のお知らせ...
10数年前、上の子を出産して新米ママだった私は、独身の頃以上に災害や、事故、病気(感染症)などのニュースに神経質になっていたのを思い出します。
守られれてきた立場から、守る立場になったな...と自覚。。。同時に、守り切れるのだろうかと不安ばかりでした。

当院では災害とは違いますが、
「3マンス   mama- plaza」と言う、生後3ヶ月を迎えるママと赤ちゃんに集まって頂き、赤ちゃんの発達に伴って起こりやすい事故について、
起こらないようにするための対策と起きてしまった場合の対処方法をお伝えするイベントが毎月行われています。
説明だけではなく人形を使って一人ひとり体験して頂けるので、いざと言う時に少しでも早く対処してあげられると思います。
本当は有って欲しくない事ですが、いつ起こるか分からないのが事故ですから、ぜひ身に付けて頂きたいなと思います。

(詳しくは当院HP子育て支援のページをご覧ください)

⇒⇒ http://www.itakura-cli.jp/obstetrics/support/

私も9月からイベントのメンバーに加わりましたがさかたさん (1).JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
3ヶ月前にお産されたママと赤ちゃんの元気な姿を見ることが出来るので、毎回楽しみにさせて頂いています。不安ばかりだったママの、見違えるように手慣れた抱っこや授乳、赤ちゃんに話しかける姿に、なぜかこちらも励まされます。

赤ちゃんは発する言語より数倍の
内言語(言葉としては現れないが、理解する力)
をもちますので、赤ちゃんのためにもぜひ色々な体験や触れ合いの出来る場に親子で出掛け、共通の良い刺激を受けて楽しんで下さいね。

投稿者:助産師 坂田 智美

只今、勉強中!!

Date.
2018.02.09
Category.
お役立ち情報, 雑感・その他

こんにちは。医事総務課の倉島です。ruka.jpeg

先日、インフルエンザではありませんでしたが風邪を引いてしまいました。

今年はかなり流行しているので皆様お気をつけてお過ごしくださいね。

さて、新年を迎え、1ヶ月が経ちました。

2018年、クリニックでは大きな変化があります。

それは・・・レセプトコンピューターと電子カルテの入れ替えです。

開院当初から使用していたレセプトコンピューターと2010年1月から使用していた電子カルテが3月1日より新しい機種になります。

現在関係する部署のスタッフは、3月の入れ替えに向け勉強中です。

稼働する3月、受診される患者さんにご迷惑をお掛けしないように取り組んでいるところですが、

不慣れの為、お待たせすることがあるかもしれません。

何かお気づきの際には、お気軽にお声がけください。

残り数日間、今の電子カルテ・レセプトコンピューターに「長い間頑張ってくれてありがとう」の気持ちを込めて使います。

そして、メンテナンス・保守でお世話になった業者さんにも感謝しています。

「♡ありがとうございました♡」

投稿者:医事総務課 倉島 瑠風

子宮がん検診はお早めにどうぞ

Date.
2018.01.26
Category.
お役立ち情報

こんにちは。医事総務課の村山です。あやかさん.jpeg

ただいま数年に一度の寒波が来ているそうですが、皆さま、寒さ対策はしっかりとされていますか?道路も滑りやすい場所がありますので、外出される際はどうぞお気をつけください。

さて、実は私は一年前にも長野市の子宮がん検診についてブログを書いたのですが、今回も同じネタで書かせていただきます。

なぜなら、今年度の長野市の子宮がん検診を受けられるのが228日(水)までと期限が迫っていることを皆さまにお知らせしたいからです!

「そのうち行こう」なんて思っていて気付いたら受けられる期間が過ぎてしまっていた、なんてことのないようにお気をつけくださいね。

(写真は市から配布される検診のご案内の該当ページです)

IMG_3351.PNG

尚、長野市の子宮がん検診は予約制ではありませんので、診療時間内に直接お越しください。

持ち物は

受診券と保険証です。

当日、受診券をお忘れの方は、クリニックに予備がありますのでご安心ください。

また、外来が混み合っている日でも、長野市の子宮がん検診だけをご希望の方は比較的早くお呼びすることができます。

長時間待つのは嫌だなぁという方も、少し余裕をもって気軽にお越しいただければと思います。

(ただし、火曜日と金曜日については、どうしても女性の先生をご希望の場合はお待ちいただくこともあります)

対象者は長野市にお住いで今年度20歳以上の女性(平成1041日以前生まれ)です。

お友達同士や母娘で一緒に受けに来られる方もいらっしゃいます。

女性にとってとても大切な検診ですので、身近な方と誘い合ってみてはいかがでしょうか?

クリニックでお待ちしておりますね。

投稿者:医事総務課 村山 綾香

産後のママの「最強サポーター」

Date.
2018.01.22
Category.
お役立ち情報
こんにちは、産後ケア部長の内村です。image1 - コピー.jpeg
昨年は多くの皆さんとスタジオボイトでお会いすることができ、とても嬉しい一年でした。
今年も昨年同様、笑顔で育児のスタートが切れるようにサポートするのはもちろん、スタートした後のママには「最強サポーター」としていつでも寄り添いながら育児のお手伝いができたら・・・と思っています。
 当クリニックは毎年、各部署ミッションを考えます。
産後ケアでは「産後ケアの必要性を広める」という事をミッションの一つに掲げました。
産後ケアを始めて「産後のママは休むことが大切!」ということを改めて感じることがとても多いのです。
でも、なかなか「休みたい」「眠りたい」「少し赤ちゃんと離れたい」って言いだしづらいですよね?
気軽に気兼ねなく産後ケアを利用していただくにはどうしたら良いかと考えた時、「産後ケア」がもっともっと一般的になって、辛い時は「産後ケア」を利用するという環境が出来上がれば辛い、苦しいと思う時間が少しでも減るのでは?と思いました。
それにはこれから結婚する人、お産する人、その家族(夫、実母、実父、義母、義父、姉妹など)にお産後の気持ちの変化、身体の変化、環境の変化などをお伝えし、つらいと思ったときにはまず休む(眠る・赤ちゃんと少し離れる時間を持つ)ことが大切であり、それは決して甘えや怠けではないこと、休んで身体も気持ちも少しリセットしてまた前向きに育児と向き合うために必要な時間であることをお伝えしていくことではないのかな?と思います。
 
産後のママが笑顔で育児ができなければ、周りにいる家族も心配ですよね?産後ケア.jpeg
最近は「夫の産後うつ」という言葉もあるようです。
夫婦で頑張りすぎて共倒れになる前に、お互いにしっかり休むことも必要だと思います。
 
母親だから赤ちゃんがかわいくて当たり前!
昔から母親になった人が通ってきた道!
母親は誰だって寝不足は当たり前!
   ・・・そんな言葉に縛られて頑張り過ぎず、自分がつらいと思ったら休める環境を作っていくこと、それが産後のママの最強サポーターとしての役割だと思っています。
1人でも多くのママが笑顔で育児のスタートが切れるように、辛い・不安・と感じるママが一人でも少なくなるように、これからも担当スタッフ一丸となってお手伝いさせていただきたいと思っています。
どんなささいな事もかまいません、心配な時、不安な時にはすぐスタジオボイトへ連絡下さいネ。お待ちしています。
 
最後に、先日研修で紹介されたビデオ「ママから笑顔がきえるとき」をご紹介します。
これは文京学院大学の方が作ったビデオなのですが、「産後うつ」に関してとても分かりやすくまとめています。
これからお産を控えている方、お産後の方、ぜひご主人・パートナー・ご家族とご覧いただけたらと思います。
投稿者:産前産後ケア部長 内村 圭江
ページトップへ戻る